雇用保険の新規加入手続

雇用保険の被保険者になるべき労働者を雇い入れた場合は、続けてハローワークでの手続きを行います。
提出書類は、
1.雇用保険適用事業所設置届
2.在籍従業員名簿
3.法人役員名簿
4.労働保険関係成立届(労基署で受理された事業主控)
5.労働保険料申告書・領収書(控)
6.税務関係書類のコピー(事業開始届等)
7.登記簿謄本、事業主住民票(原本)、事業主略歴など(事業形態によります)
8.事務所、店舗の賃貸契約書、公共料金請求書など事業活動を確認できるもの(コピー)
9.認可事業の場合は認可証のコピー
10.雇用保険被保険者資格取得届
確認される書類は、
①.労働者名簿(各個人ごとに作成。労基法で定められています)
②.出勤簿・タイムカード(届出日までの分)
③.賃金台帳(届出日までの分)
④.雇用契約書(短時間・短期特例の場合必要)
⑤.雇用保険被保険者証(前職がある場合に従業員から回収)
⑥.上記⑤がない場合、前の勤務先を確認

その他、外国人は外国人登録証明書のコピーが必要です。
上記以外にも提出を要求される場合があります。

事業主、事務員の方が自ら手続きをする場合、まず、必要書類について、一度ハローワークで説明を受けます。
その後、書類を揃えて提出に行きます。書類に不備があると出直しになりますので、良く確認しましょう。