お得情報:「3歳未満の子の養育特例」って知っていますか?

厚生年金には、3歳に満たない子を養育する被保険者等の標準報酬月額の特例という制度があります。
これは、3歳未満の子を養育する厚生年金の被保険者が、3歳未満の子どもを育てている期間に
給料(標準報酬月額)が下がっても、将来の年金額は子供を育て始める直前の標準報酬月額で
計算されるしくみのことです。
この制度は、「本人からの申出」により利用できます。
届出をすれば年金が減らないので、届出をしないと損です!
≪ 手続きの流れ ≫
本人からの申出があった場合には、会社が「厚生年金保険 養育期間標準報酬月額特例申出書」を
年金事務所へ届出します。なお、申出日よりも前の期間については、申出日の前月までの2年間について
みなし措置が認められます。
詳細は、こちらをご覧ください。厚生労働省HPへ