月別アーカイブ: 2008年11月

育児介護休業法改正案 厚労省が提示

11月28日、厚生労働省は、育児・介護休業法改正案を労働政策審議会に提示し、
来年の通常国会に提出する方針を示しました。

3歳未満の子どもを持つ従業員の残業免除や短時間勤務措置を事業主に
義務付ける内容で、男性も取得することができます。

現行の育児・介護休業法は、会社に対し3歳未満の子どもを持つ従業員への
(1)短時間勤務
(2)残業の免除
(3)フレックスタイム
(4)始業・終業時刻の繰り上げや繰り下げ
(5)託児施設の設置運営
(6)育児費用の援助措置
 のいずれかひとつの導入が義務付けられていますが、
短時間勤務や残業の免除がもっとも必要とされているとして、この二つを
義務付ける内容です。

「労働基準法改正案」が衆議院を通過

11月18日、割増賃金の割増率アップと時間単位有休制度の創設を盛り込んだ
労働基準法改正案が、衆議院の厚生労働委員会で可決され、その後、衆議院を
通過しました。
賃金割増率を50%とするとなっている部分は、
当初、月に「80時間を超えた部分」とされていましたが、
「60時間を超えた部分」と修正されました。

施行日は2010年4月1日で、中小企業には当面の間、適用を猶予する方針です。

今週のお花

今日は札幌に雪が降りました。すっかり寒くなりましたね。
今日、マーガレットさんが届けてくれたのは、寒い季節にぴったりの
あったかそうな花束です。

もこもこの綿のはブラウンコットンだそうです。白いのはよく見かけますが、
ブラウンは初めてみました。カーネーションのオレンジピンクと合わせて
あったかい感じがします。
11・4

雇用保険料が2009年度より引下げ

雇用保険料が、2009年度より引き下げられる見込みです。
雇用保険財政に余裕があることから、30日に発表した「新総合経済対策」
(追加経済対策)に雇用保険料率の引下げを盛り込まれました。
2009年度から、現行の1.2%から0.2~0.4%引き下げる方針だそうです。
また、雇用強化対策として、「年長フリーターの正規雇用の奨励」
「新規雇用の創出」なども盛り込まれました。